SERVICE取扱分野

インターネット・広告・知的財産法務

【インターネット関係】

各種利用規約、契約書の作成、チェックなどの契約書業務、WEBサービス等のリーガルチェックを行っております。

【知的財産権法務】

知的財産権(商標権・著作権・特許権など)の侵害問題が生じた場合の対応を行っております。インターネットに限らずもちろん紙媒体(漫画,絵画,設計図等)の取り扱っております。

【広告法務】

景品表示法・薬事法上の問題がないかについて,相談や意見書作成,リーガルチェックを行っております。

インターネット・広告・知的財産法務

広告法務コンサルティングサービス

広告法務コンサルティングサービス

スマートフォンの普及により、BtoCおよびCtoCの取引の機会が増加し、その広告の手法・内容が多様化している上、取引される商材ごとに応じてその規制法も異なります(ソーシャルゲームであれば主に景品表示法と特定商取引法ですが、健康食品であれば、これらの法律に加え、食品表示法、健康増進法や薬機法の広告規制にも配慮する必要があります。)。平成28年には景品表示法に課徴金制度が導入され、自動車メーカーに対して初めての執行が行われるなど表示規制が強化されており、適正な広告をすることが求められます。 事業者のマーケティング戦略に応じた広告法務の助言、コンプライアンスの体制の確保等に関する助言を行います。

契約書・利用規約作成コンサルティングサービス

契約書・利用規約作成コンサルティングサービス

各種ITサービスについては、充実した契約書,利用規約あるいは利用約款を作成しておくことがトラブル防止の重要なポイントです。賠償問題を未然に防ぐ、クレーム対策の工程数を減らす、各種規制との関係との調整などの視点から、各種契約書、「利用規約」やサービスデザインについても相談をいただいております。充実した「利用規約」の作成は「良いウェブサービス」づくり、顧客満足へと直結します。  また、バランスの良いリスク分配をした契約を結び,取引先と信頼関係を築くことないし紛争を予防するには,取引に応じた適切な契約書づくりと弁護士のコンサルティングの下、取引先との協議をすることが必要不可欠です。  当事務所では、ITビジネスの力になる契約書・利用規約の作成コンサルティングサービスを提供します。 ※ 顧問契約の一部では、IT関係契約一括サービス提供が付属しております。詳しくは顧問契約料金表をご覧ください。

知的財産権法務コンサルティングサービス

知的財産権法務コンサルティングサービス

映像、アニメ、写真、音楽などエンタメ系コンテンツの制作、保護、展開をしていく際には著作権法の正確な理解と戦略が必要です。また,これらの権利を取りまとめるスキームを練り上げ,ビジネスをスムーズに進めたり,思わぬ権利侵害を防止する手段ともなります。 肖像権など不文の権利についても対応しております。

無料相談受付中

何事も早めの対応が肝心です。
いつでもお気軽にご相談ください。

  • お問い合わせフォームはこちら
  • 092-731-1288 受付時間 平日 9:00〜18:00